コンサバトリー&デッキ

冬の天気の良いときは、コンサバトリーの中で、日向ぼっこ!
風を遮りとっても暖かく気持ちの良い空間。
冬の日差しは、気落ちを豊かに、日向ぼっこは最高の贅沢です。
一度味わったら冬の楽しみが増えます。

冬は、コンサバトリーで日向ぼっこが最高!

冬は、植物が寂しいので、日当たりの良い場所でほっこり!

写真:ホワイトコンサバトリーの日冬の昼下がり
日差しのある午後、木製コンサバトリーは最高!

冬のコンサバトリーで日向ぼっこは、最高の贅沢。昔は、日当りのよい掃き出しのある縁側で、ガラス戸を閉めて風を防ぎ、陽だまりで本を読んだり、お茶を飲んだり、ゆっくり過ごしたものです。 そんな環境を昨今の住宅で味わうには、こんなコンサバトリーはどうでしょう。木製コンサバトリーは、木材自体が断熱材で、冬でも木材は、外の寒さを防ぎます。 外は、寒くても、コンサバトリー内は20度を超えます。そして、太陽の温かさは心地よく眠気を誘います。 カウチを持ち込んで昼寝も自由。
(左の写真をクリックして頂くと、別の写真をご覧になれます。)

冬の花は、シャボテンが主役!こんなに鮮やか

写真:コンサバトリーのコーナーのシャボテン
コンサバトリーのコーナーは、いつも花の特等席。コンサバトリーを引き立てさせる演出に最適!

冬は、植物が冬眠して寂しい時期です。でも冬に咲くシャボテンが一手に華やかさを引き受け、コンサバトリーをひきたてます。早く春が来ないかと待ち遠しい時期は、日向ぼっこをしながら、梅がさくのを待ちましょう。 そのほか、12月にはクリスマスを飾るポインセチアが、赤く華やかさを演出したり、春に咲き始める花々を待つのも楽しみの一つです。ふつう冬は寒くて、外の庭を楽しめないですが、木製コンサバトリーがあれば、天気の良い日の続く冬は、 日向ぼっこで、楽しむ時間が増えます。
(右の写真をクリックして頂くと、別の写真をご覧になれます。)

ブルーコンサバトリーのカニシャボテンが映えます!

写真:ブルーコンサバトリーのカニシャボテン
日を受けて、コンサバトリー内は楽園。シャボテンも咲き乱れています。

シャボテンだけでなく、勿論温度管理を行えば、花も植物も楽しめます。何しろコンサバトリー(意味は温室)なのですから。 南向きなら、昼前から午後3時頃まで、日差しはとっても暖かく、午後のお茶には、本をもって、時間はゆっくりと過ぎていきます。
冬の夜を楽しむには、やはり暖房が必要。暖房があれば、夜も楽しめます。
(左の写真をクリックして頂くと、別の写真をご覧になれます。)

外は雪、コンサバトリーの中は、もう春!

写真:コンサバトリーのコーナーのシャボテン
コンサバトリーのコーナーは、いつも花の特等席。コンサバトリーを引き立てさせる演出に最適!

冬は、植物が冬眠して寂しい時期です。でも冬に咲くシャボテンが一手に華やかさを引き受け、コンサバトリーをひきたてます。早く春が来ないかと待ち遠しい時期は、日向ぼっこをしながら、梅がさくのを待ちましょう。 そのほか、12月にはクリスマスを飾るポインセチアが、赤く華やかさを演出したり、春に咲き始める花々を待つのも楽しみの一つです。ふつう冬は寒くて、外の庭を楽しめないですが、木製コンサバトリーがあれば、天気の良い日の続く冬は、 日向ぼっこで、楽しむ時間が増えます。
(右の写真をクリックして頂くと、別の写真をご覧になれます。)

このページの上に戻る